鹿児島を一泊二日の旅行で行くなら外せない観光スポット9選

旅行者19

2018年は、大河ドラマ「西郷どん」でも話題になった鹿児島県。観光地も多く、鹿児島市内以外にも見どころが満載です。鹿児島は黒豚やしろくまと美味しい食べものも多く、温泉や癒しのスポットも多いですよね。今回は、週末を利用して一泊二日で鹿児島旅行をしようと考えている人に取っておきのスポットをご紹介します。

これから九州方面に行こうとしている人は参考にしてください。

(値段がかからない鹿児島旅行)


鹿児島を代表する観光地といえば、やっぱり桜島

まず、鹿児島の観光地で最も有名な場所といえば桜島ですよね。

噴煙がニュースになることもありますが、鹿児島市内からはフェリーで15分ほどの場所にあるため、一泊二日の旅行なら訪れやすい場所のひとつです。

桜島火山ガイドウォーキングやシーカヤックを利用したGEOツアーというようにアクティビティも開催されています。フェリー乗り場の近くにある「桜島溶岩なぎさ公園」では、島の美しい景色を見ながら足湯も体験できます。

桜島ビジターセンターは、火山について学ぶこともできますし、桜島の観光名所も教えてもらえます。こちらでは、椿油や紅茶といった桜島名物のお土産も購入できます。

(鹿児島でグルメ旅行をしよう!おすすめディナー厳選7選)

展望台から鹿児島市内が一望できる城山

「西郷どん」を見ていた人ならご存知だと思いますが、西郷隆盛が最後の5日間を過ごした洞窟や終焉の地があるのが城山です。ここには、西郷が創設した「私学校」の跡地や薩摩藩主が暮らした「鶴丸城跡地」もあります。

城山展望台からは、桜島や鹿児島市内が一望でき、夜景もきれいなことで知られています。天気の良い日なら、霧島連山も見られます。鹿児島市内から城山に行くなら、鹿児島中央駅から「カゴシマシティビュー」もしくは「まち巡りバス」に乗るのがおすすめです。

一泊二日であまり観光に時間が割けないという時でも、外すのはもったいない場所といえます。

島津家の別邸、仙巌園

鹿児島では結婚式場としても人気の仙巌園は、薩摩藩藩主を務めた島津家の別邸として使われていました。29代藩主忠義の時代には本邸としても使われた「御殿」は、幕末から明治時代にかけては迎賓館として外国の要人をもてなしました。

忠義の寝室や中国文化の影響を受けた中庭と見どころも満載です。日本最古の石造洋式機械工場「旧集成館機械工場」の建物を使った「尚古集成館」は世界文化遺産にも登録されており、薩摩切子の制作現場も間近で見られます。

仙巌園内には「桜華亭」「松風軒」「仙巌園茶寮」という3つのレストランがあります。地元の素材を使用した郷土料理や甘味が食べられるので、仙巌園に行かれた際にはぜひ利用してください。

鹿児島市内の繁華街といえば天文館

鹿児島市内で居酒屋やレストランが多い所といえば、天文館です。

17代薩摩藩藩主の島津重豪が1779年に天文観測をするために建てた施設の「明時館」が建てられた場所があったことから、別名である天文館を地名にしました。

鹿児島中央駅からは路面電車も通っているので行きやすいですし、かき氷の白くまで有名な「天文館むじゃき」や鹿児島ラーメンの専門店である「こむらさき」といった有名店も天文館にあります。お土産やショッピングをするなら創業268年の歴史があるデパートの「山形屋」もあり、鹿児島市内をふらふら歩きするにもおすすめなスポットです。

(鹿児島旅行におすすめのスポット!天文館エリアの魅力)

お肌がすべすべになると女性に人気!霧島温泉郷

旅行者29

鹿児島といえば温泉が多い所として有名ですが、そのなかでも人気があるのが霧島温泉郷です。9つの温泉の泉質が違うことにも驚きますが、お肌もすべすべになるので、女性に人気があります。霧島温泉郷の中心にある「霧島温泉市場」には、丸尾の地獄蒸しがあり、温泉の蒸気で蒸した野菜や卵を販売しています。

霧島温泉郷は景色がよいことでも知られていて、高台に温泉を設けている施設もあります。特に紅葉の季節は、温泉の中から赤や黄色に染まった霧島連山を見ることもできます。


鹿児島を代表するパワースポット霧島神宮

一泊二日で霧島温泉に行くなら立ち寄りたいのが「霧島神宮」です。天照大神の孫であるニニギノミコトを祀っている神社として知られています。

6世紀に建てられた霧島神宮は、平成元年には国の重要文化財に認定されました。参道の入り口には足湯もあるので、参拝をする前に足をきれいにすれば、御利益もあるかもしれませんよ。本殿までは緑の森の中を歩いて行くので、森林浴をしている気分になれます。

駐車場の近くには、ツツジのひとつである「ミヤマキリシマ」や桜、紅葉が植えられていて、季節の植物も見られます。

坂本龍馬が新婚旅行で訪れた、塩浸温泉龍馬公園

日本で初めて新婚旅行をしたのが坂本龍馬とお龍夫婦といわれています。この付近には薩摩藩の施設が多くあり、寺田屋で襲われた龍馬を匿うのには最適な場所でした。塩浸温泉は、傷を癒す効果があるといわれ、龍馬の他に戊辰戦争で怪我をした兵士達も治療で利用しました。

公園内には、龍馬とお龍が滞在したことを証明する「坂本龍馬とお龍新婚湯治碑」や「龍馬とお龍の縁結びの足湯」があります。足湯は「縁結び」とあるようにお湯に足をいれれば、素敵な出会いがあるかもしれません。

砂蒸し風呂で有名!指宿温泉郷

温泉処の鹿児島県でも、砂蒸し風呂に入られるのが「指宿温泉郷」です。砂蒸しには、体温を上げ血液の循環をよくするだけでなく、汗が出るので体内に滞っている老廃物を排出する作用があるといわれています。冷え症や神経痛に効能が期待できます。

砂蒸し風呂の他に、露天風呂や公衆浴場、足湯もあり、日帰り温泉も多いのが、指宿温泉郷の特徴です。指宿に行かれるなら、海岸線の景色が楽しめる特急列車の「指宿のたまて箱」に乗るのがおすすめです。こちらは、鹿児島中央駅から乗れます。

国の名勝にも選ばれている!知覧武家屋敷庭園

一泊二日で指宿に行くなら、立ち寄りたいのが「知覧武家屋敷庭園」です。薩摩藩の武家集落のひとつで、7つの庭園は国の名勝に選ばれています。

知覧の武家屋敷は、石垣で区切られていて、沖縄のように入口に屏風岩が置かれています。これは江戸時代に知覧が琉球貿易の拠点だった名残ともいえます。魔除けである石敢當も見かけます。武家屋敷には、ハートが隠されていることでも有名で、見つけると幸せになれるといわれています。

知覧武家屋敷庭園の近くでは、平安時代から続く「知覧のひな祭り」やあかりの道標である「ちらん灯彩路」といったイベントも開催しています。

九州最大規模の水族館!いおワールドかごしま水族館

旅行者38

桜島に行くフェリー乗り場の近くにあるのが「いおワールドかごしま水族館」です。サンゴ礁や南西諸島に生息する生き物やマングローブが植えられている水槽があります。子供たちが水族館にいる生き物について学べる「いおっこひろば」もあり、家族で楽しめる観光スポットといえます。

館内では、魚や水族館の裏側について教えてもらえるガイドツアーやバックヤードツアーも開催しています。またイベントのなかには時間が合えばデンキウナギが放電している様子や世界最大の淡水魚であるピラルクーが餌を食べている瞬間に立ち会えるものもあります。